あごすけ攻略法

≪おすすめ攻略≫

NET検索にて[あごすけ おすすめ]が多くあります。
行列で待っていてもしばしば「この店のおすすめは何だろうな?」の声が聞こえます。
噂では聞いているが、どれを食べて良いのか迷うあなたにオススメガイド。

初めて来た方は、迷わず旨塩麺(塩らーめん)にしてください。
この店の普通も、基本も、看板も、当り前も、常識も、旨塩麺(塩らーめん)なのです。
遠方からの方などは噂の限定を食べたいと思うが、【麺屋あごすけ】ではまず旨塩麺を知る事。
同行者が居る場合、それが昼イチであれば、限定塩とんこつも選んでください。
2人で同じのを注文するお客様も居ますが、敵同士や潔癖症でなければ違うものを注文するベシ。
限定塩とんこつが無い場合は、正油とんこつで至福の満足なハズです。
これが夜の部でしたら、やはり一つは旨塩麺で、もう一つは夜限定の黒とんこつ麺を。
同行者が居れば、最初の来店でも複数の味を満喫できます。

  • 旨塩麺(塩らーめん)
  • 旨塩濁汁麺(塩とんこつ)
  • 濁汁麺(正油とんこつらーめん)
  • 黒とんこつ麺

もう何度か来られてる方、ひと通り食べ、あごファンになろうとしてる方へ。
限定です、限定品狙いに徹しましょう。
季節限定もありますし、昼限定の甘えび塩とんこつなんてのも狙い目です。
そしてもっと探究心が出たならば、旨塩麺の昼と夜とで食べ比べもして頂きたい。
昼はアゴ出汁がキリリと決まり、鶏スープも切れ味にも似たスッキリさが感じられます。
夜は、特に閉店間際は、全てが丸く円く芳醇な味わいの、旨濃いぃぃぃ鍋底スープを。
 

そして常連さん、県内のラーメン好きさん、あごすけ命だと言う方に。
過去にも場合によっては「今日だけ限定10食!!」なんて内密の告知をする事があります。
このブログでもお知らせするつもりですので、突発性の限定品をお見逃しなく。
そしてたまには息抜きに、爽辛麺やコクジャン麺などの裏メニューで鋭気を養いましょう。
 

PS:余談ですが、
普通の正油ラーメンは忘れた頃に。
初めて来て「セアブラ大盛り」とか注文する方は情弱者と見られますので注意が必要です。
 
 

≪行列攻略≫

平日の開店前から並び始め、休日の昼などは1時間待ちは当り前。
特に利五臓横まで列が伸びてますと、中に入るまでも1時間待ちの目安です。
時間と心の余裕がある方に、行列攻略法を伝授いたします。

まず、開店前ならば30分前には並んでください。
休日はそれでも危いですが、平日ならば1番乗りは無理でも、きっと1順めには入れます。
11時30分に来て1時間待つのと、どちらが良いか考えましょう。

あまり公言したくないのが、この店の特性を利用した閉店時狙い。
知っての通り、規定の閉店時間前に閉める事はまずないと言えるお店です。
「スープを捨てても、お客様を捨てるな」これが創業時からのポリシーです。
遠くからわざわざ来て頂いたのに、道に迷って9時5分に着いたら閉店だった。。。
・・・なんて事がない様にと、定番メニューに関してはスープ切れや具材切れをさせません。
暖簾を下げるのも、閉店後に入ったお客様にラーメンを出した頃、なのだとか。
なので、事実上は定時閉店時間後の10分過ぎでも余裕で入れます。
がしかし、
仮にも営業時間を謳ってますので、わざと遅れて行って閉店していても責任はもてません。
でも確かに言える事は、、、
暖簾を下げない内は、そこに居た方は切らずに全員が食べられるって事です。
15時前に並んで、16時頃にやっと食べた事もあります。
21時前に並んで、食べ終えて店を出たのが22時過ぎだった事もあります。

どんなに混んでも、連休や祝祭日のお昼でも、
待ちに待ってやっとの出て来たラーメンは、いつもと変わらぬ同じクオリティー。
それが【麺屋あごすけ】であり、行列も人気も№1の由縁も、それ相応の根拠があるのです。

 

≪あいさつ攻略≫

何気なく食べていて、
ふと、誰かに、あぁそういえば、
お店がいつもと違うアクションをするのを見た事はありませんか?

もしも美味しかったなら、そう、美味しかったならばでいいです。
あなたは会計時に担当さんに「おいしかったです。」と言ってみてください。
すると、その会計担当さんが、
「お客様から美味しい頂きました!!」
と振り向き様に厨房内へ伝え、
きっとその反応として厨房内の全員から
「「「ありがとうございました!!!」」」
と返してくれます。

どうですか、
あなたの本心からの「おいしかった」が、お店全員に伝わった証しです。
このサービスが受けられるのは、あなたの「おいしかったです。」の応えです。
開店時の最初の一人から閉店時の最後の方まで、いつでも誰でも受けられます。
「美味しかったです。」は、言う側も言われる側も嬉しい言葉の挨拶なんです。

あなたも言ってみてください。
「ごちそうさまでした。とても美味しかったです。」
「お客様から『とても美味しかった』頂きました!!」
「「「ありがとうございました!!!」」」

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加