秋限定:娘鶏麺2020

今年も始まりました、
毎年秋の名物、娘鶏麺(ニャンチィメン)です。

今年のは娘鶏麺史上初の試み?
清湯と白湯とを別けて注がれています。

手前がベースの鶏と鯛で仕込んだ澄んだ清湯とし、
丼奥には驚きの牡蠣白湯をセパレートダブルスープ!!
手前から食べ進みますと、徐々にも牡蠣白湯が混ざって二度美味しい仕掛け。

特製ローストチキンやフライド里芋、ポルチーニ茸の粉末まで掛かった振る舞い。
山と海の幸を組み合わせたのが今年の娘鶏麺です。

夜の部のみ提供にて、数量限定超限定の逸品。
好例の黄昏(たそがれ)玉子もお忘れなく!!

期間限定:爽辛フカつけ麺

えっ?
今年の爽辛つけ麺はなんと?!
サメ辛つけ麺となりました!!
続きを読む

季節限定:つけ麺


↑特製とんこつつけ麺(仮)

まず最初に、、、
当あごすけブログは、我慢に我慢を密にして今まで自粛していました。
先の≪わんたんフカソバ≫の後で好例の越後甘海老蝦醤麺があったのですが、毎度の様にこの投稿が混雑の元凶となるのを考慮し、お店とは全く利害関係を有しない当あごすけブログだからこそ、自粛せねばと思い息を潜めていた次第です。

そしてこの度、禁が解けたかと思い、今まで通りに非営利目的の美味しさ布教としてまた再開致します。コレもひとえに、あごすけ名物となった越後甘海老蝦醤麺の効力、それは厄病退散・家内安全・縁結び・大漁祈願のアマエビ様の恩恵かと思って感謝しております。

続きを読む

冬季限定:ごまから麺


↑試作品につき

これも待ちに待った季節限定、毎年恒例ごまから麺です。
自家製の芝麻醤は丹念に炒って挽いたゴマだけでなく、クルミも加えての円やか濃厚。
基本の鶏スープでの醤油味で、最初の内はまだスープと芝麻醤が分離してるのが楽し美味さ。

今期のウリは手前左の緑のソース??
これ、自家製の椒麻醤(ジャオマージャン)青山椒醤です。
青ラー油と銘打ってるかも知れませんが、青山椒の爽やか風味の痺れ感が素晴らしいです。
そしてもちろん、黒辣油も加えた特製薬膳辣油の妖艶なる香味が脳髄まで刺激して来ます。

中央のはお楽しみ、熟成山椒味噌で煮込んだ豚角煮と軟骨煮込み。
蕩ける柔らかさに肉旨味が芳醇で、これだけでもご飯2杯はイケそうです。(笑)

甘味増した茹で立ての寒〆ホウレン草とカリカリのフレッシュザーサイ。
これはもうパクリやマネの担々麺などでなく、正に麺屋あごすけオリジナルごまから麺。

昼も夜も基本的に数量限定にせずありますので、ごまからファンの方々も初めての方々も是非ともご堪能くださいませ。

**2月末で終了しました**

全品リニューアル?

↑鶏塩上湯麺+味玉

この10月より、全種全域においてリニューアルしました。
品名も変わってますし、味も仕様も変わったのもあります。

特に、定番の看板の基本の大人気の塩ラーメン。
丼も新たに、具材をセパレートにしてあります。

その味は従来よりも滋味的な旨味が増し、他所にはない圧倒的な美味さを誇示しています。
私は麺もスープも最初に堪能し、トッピングを好きな様に入れて食べました。

鶏スープも、あご出汁も、この上ない仕上がりを魅せております。
今後、新しくなったメニューは全てレポする予定ですので、乞う御期待。